So-net無料ブログ作成
検索選択

コンクール終了 [ご報告]

7月1、2日に開催された第16回琉球民謡音楽協会コンクールが無事に終わりました。

杉並支部からは今年は笛の新人賞に2名受験いたしました。

杉並支部で本格的に笛の稽古を始めたのは昨年末。
まだまだ経験値が少ない中、又仕事で多忙の日々の中、
かなりの練習を積んだ2名は合格することができました。

本番中は撮影禁止ですので、こちらは控え室で最後の練習中の二人。

IMG_0546.jpg

本番終了後に笑顔で。

IMG_0569.jpg

その日の夜は関東支部連合、岡山支部、札幌恵庭支部のみんなで
ティビチおでんや沖縄の家庭料理を満喫。

IMG_0573.JPG

2日の大哲会の打ち上げは昨年と同じ「ナークニー」さんにて。
各支部の余興も楽しませていただきました。

最後に大工先生のご挨拶。

IMG_0587.jpg

大工先生をはじめ、那覇本部の皆様には大変お世話になりました。

気持ちを新たにまた練習に励みます。
nice!(1)  コメント(0) 

コンクール向け舞台稽古 [ご報告]

私達が所属する琉球民謡音楽協会のコンクールが7月1、2日に開かれます。
受験者のための舞台稽古が先週10日に東京支部、東関東支部と合同で
行われました。

コンクールの舞台には、いつもできることができない、という魔物が
潜んでいます。一番の原因が緊張と思われます。
この緊張感に打ち勝つため、先日の大工先生の前での演奏、そして
この舞台稽古をコンクール前に行っています。

初めての受験の方は、礼儀や所作に慣れることも大切ですね。

本番まであと3週間を切りました。
体調を整えて、ラストスパート頑張りましょう。

そんなわけで7月1日はお稽古はお休みです。
IMG_0525.JPG

*衣装はコンクール本番のものではありません。
nice!(0)  コメント(0) 

大工先生特別稽古 [ご報告]

5月27日は大工先生をお迎えしての特別稽古でした。
東京支部、東関東支部と合同での、大人数での開催となりました。
7月に開催されるコンクールを受験する人を中心に、もちろんそれ以外の
人も、10時半から17時半という長丁場でした。

杉並支部からは今年笛でコンクールを受ける2名が大工先生に初めて
笛を聞いていただくことになりました。
笛は唄三線以上に、緊張がそのまま演奏に響いてしまうことがあります。
想像以上にその影響は大きいです。
こういう緊張の場面をいくつも経ることが必要ですね。
とても良い経験になったと思います。

IMG_0416.jpg

夜はCD全集発売記念のライブが「みやら製麺」さんで開催されました。
タイトル通り、八重山曲中心の構成で、トークも絶好調でした。
長時間の稽古の後なのにさすがです。

IMG_0425.jpg

みやら製麺さんは「製麺」と名乗っている通り、東京の真ん中で手打ちの八重山麺。
まさに八重山の味と八重山の値段なのです。

IMG_0419.jpg

営業時間はてーげーみたいなのでご注意を。

IMG_0420.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

琉球民謡音楽協会総会と大哲会総会 [ご報告]

2月前半は怒涛の日々でした。

大工先生のライブでたっぷり歌を堪能し、おまけに笛や太鼓まで
聴かせていただき、4日は特別稽古。

私はちょっと早めに稽古を抜け出し、最終便で那覇へ。
5日は琉球民謡音楽協会の総会でした。

今年は大哲会から師範1名、三線教師2名、笛教師1名の免許状が
交付されました。

こちらは新師範・教師によるお披露目の演奏です。

DSC02198.JPG

大工先生を囲んで。

IMG_0018.JPG


そして2月11日12日は大哲会の総会でした。

初日は新しい工工四集の解説をたっぷりと。
大工先生が思いを込めて調べ上げたお気持ちがひしひしと
伝わってきました。
そして各支部の報告や会議。
今年のミニ講座は私が担当させていただきました。
3月に発売予定のCD全集のカバー写真を撮影してくださった
大塚勝久さんもいらっしゃいました。
素敵なサガリバナの写真集を出版されている写真家さんです。

IMG_0040.JPG

2日目は丸一日研鑽会。
全国の三線仲間と一緒に練習できるのは、年にこの1回だけです。

IMG_0056.JPG

11日は今年一番の寒さの沖縄で、コートが脱げない程でしたが
ランチタイムには苗子先生手作りの中身汁でほっこりしました。
とても美味しかったです。

会議では大きな計画も動き始めました。
皆様お楽しみに!
これに向かってぎばっていきましょう。

今年のお稽古が終わりました。 [ご報告]

12月24日の土曜日で今年のお稽古がすべて終わりました。

その前の週には杉並支部2回目の忘年会でした。
ファミリーや見学の方も含めて10名。
いつものような(?)居酒屋ではなく、地元のオシャレな
フランス家庭料理のお店です。
これも、地元の生徒さんが増えたおかげですね。

例えばこんなお料理。

IMG_1074.JPG

IMG_1084.JPG

IMG_1088.JPG

普段あまりできないおしゃべりをして楽しい時間を過ごしました。
見学のお二人がその後入会することになったのも嬉しいお話です、

そして、今年最後のお稽古では、笛の教師免許合格のお祝いに
こんなスペシャルな一升瓶をいただきました。

IMG_1114.JPG

エッジングで名前やメッセージが彫られている直火請福です。
ありがとうございます!
教師の名に恥じないよう、頑張ります。
(三線の絵が彫られていますが、今年は笛の部でした。)

今年ももう終わろうとしています。
皆様良いお年をお迎えください。

新春民謡列島2017公開録音 [ご報告]

NHKラジオ特番「新春民謡列島2017」の公開録音が渋谷NHKふれあいホールで
行われました。

image1.JPG

東京支部の方が入手したチケットで観覧してきました。

渋谷の町はクリスマス一色、青の洞窟を抜けるとそこは
お正月でした。

ステージ上のセットもお正月の飾り付けです。
放送は来年の1月1日ですから!

沖縄以外の民謡をほとんど知らない私でも知っているような
代表的な民謡をたくさん聞く事ができました。

大工先生の演目は
・目出度節
・唐船どーい
・船ぬ親じらば

「船の親じらば」、なかなか聞く機会がない素晴らしい唄です。
大工先生と苗子さんの掛け合い、三線はナシです。
この曲が元日から聴けるなんて素晴らしい!

ちなみに。「唐船どーい」の指笛は、客席から私が吹いているものです。

番組情報
NHK FM
1月1日(日・祝)午後0時15分~2時00分

琉球民謡音楽協会教師免許試験 [ご報告]

去った11月19日に琉球民謡音楽協会の教師免許試験が西原中央公民館で行われました。
私は作年の三線教師免許に続き、今年は笛の教師免許を受験しました。

夕方からの試験に備え、三線で受験する仲間と首里で声出し(私は音出し)と
本番仕様でリハーサルを行い会場に向かいました。

教師免許は師匠の推薦があって受けられるものなので、やはり
コンクールとは全く雰囲気が違います。
協会の制服である袴を身につけると緊張感がますます高まります。
独特な場の魔力には勝てるものではありませんね。
あれだけ練習したつもりなのに息が続かず、何回ブレスをして
しまったことか。

1曲目は「揚古見ぬ浦節」、過呼吸気味です。
2曲目は「小浜節」、少し落ち着いてきました。

あまりの緊張に記憶がおぼろげです。
なんとか最後まで吹き終えた、という感じです。

結果はどうにか合格することができました。

細かい点を色々とご指導いただいた先生には感謝です。

コンクールや免許試験を受けるたびに、これから新たな
道が待っているのだと感じます。

という訳で、これから杉並支部でも、稽古時間をなるべく
延長して、笛もボチボチ始めていきたいと考えています。
実はすでに2人が笛を入手しています。
私自身、笛をどう教えていくかということを勉強しながらに
なりますが、八重山民謡には欠かせない笛を一緒に追求して
いきましょう。

赤城生涯学習館祭り [ご報告]

以前お知らせしましたように、昨日15日に神楽坂の赤城生涯学習館のお祭りに
参加いたしました。

ここは東京支部が毎週お稽古に使用させていただいている会館で、私も東京支部時代に
ずいぶん通った場所です。

昨年同様、東京支部に加え東関東支部、杉並支部も加わってのジョイント公演です。

先日の大工先生のアドバイスに従い、幕開けは楽しい踊りとなりました。

写真 2016-10-15 16 23 19.jpg

続いて斉唱。

写真 2016-10-15 16 26 16.jpg

杉並支部として小浜節。

写真 2016-10-15 16 40 33[1].jpg

そしてゆんた〜再び踊り〜巻踊りと続き、弥勒節でお開きとなりました。

写真 2016-10-15 16 42 30.jpg

写真 2016-10-15 16 52 50.jpg

年1回のお祭りですが、みんなで作り上げて行くという、まるで学園祭のような
楽しさを味わう事もできました。なつかしい〜。
来年又参加することになったら、もっと技を磨いて、もっともっと楽しいステージに
したいですね。

大工先生特別稽古&流フェス [ご報告]

10月1日は関東3支部合同の、大工先生特別稽古でした。

13時から教師3名の稽古、14時から全員で斉唱の後独唱、
そして2週間後に参加する赤城生涯学習館のお祭りの演目を
聞いていただきました。

IMG_0677.JPG

演目の構成が大きく変更になりました。
ステージ作りのプロでもある大工先生の演出は
さすがとしか言いようがありません。
その演出にふさわしい演奏をしなければ・・・・・です。

10月15日、神楽坂の赤城神社隣で16時から演奏します。
踊りも少しやります。お時間がありましたら是非お運びください。

稽古の後は恒例の懇親会。

IMG_0690.JPG

今回は、名幹事さんの采配で、DVDが上映できるお店をチョイス。
6月に行ったコンサートの映像を少しでも見たいという事で
編集が終わったばかりの3曲の映像が稽古中に届けていただきました。
その後は、2011年に開催された「愛さ生り島コンサート」のDVDを
鑑賞しながら夜も更けていきました。

IMG_0692.JPG

IMG_0695.JPG


翌日2日は琉球フェスティバル@日比谷野音。
絶好の野音日和でした。

IMG_0699.JPG

「月ぬ美しゃ」のアカペラから始まった大工先生のコーナーは、
正当派民謡が少なくなった琉フェスの中で圧巻でした。
夜風に吹かれながら聴く先生の八重山民謡は最高です。

記事掲載。 [ご報告]

去った6月19日に行われたコンサート、八重山毎日新聞で取り上げていただきました。

大工先生のブログで紹介されていました。

http://www.daiku-tetsuhiro.com/2016/07/29/サンサンラジオ-70/


9ade0c639066073b860ab9b711262bc0.jpg