So-net無料ブログ作成

南島唄会@ポレポレ坐 [ご報告]

9月12日に開催された「南島唄会」に行ってきました。

「ポレポレ」はドキュメンタリーやマニアックな映画、そして沖縄関係の映画も
よく上映する貴重な映画館ですが、その上の階でのライブでした。

1部は八重山民謡、2部は沖縄本島、宮古島、そして奄美の民謡まで
南島の民謡を幅広く聴くことができました。

あまり聞く機会がない「鳩間口説」は貴重でした。
そしてもちろん苗子さんの踊りも、いつものように
パワー全開でした。

3デイズの初日、盛り上がりました。

太鼓に大城先生を迎えていつものセット。

IMG_2833.jpg

大工先生の笛も!

IMG_2834.jpg

苗子さんの太鼓も!

IMG_2842.jpg




nice!(0)  コメント(0) 

大工先生特別稽古 [ご報告]

去った6月15日、大工先生特別稽古が東京で行われました。
関東の5支部が合同でしたので人数も多く、お昼過ぎから
夜8時までたっぷりとご指導いただきました。

琉球民謡音楽協会のコンクールを2週間後に控えていますので
受験者は特に真剣です。

大工先生の眼の前で独唱するという貴重な経験を活かして、
コンクールでより良い演奏ができることを期待します。
そしてコンクールだけでなく、これからの演奏にも大きな
糧となることと思います。

少しだけ稽古風景を。

新人賞受験のTさん

IMG_2720.jpg

笛優秀賞受験のIさん

IMG_2719.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

杉並支部5年目突入&お花見 [ご報告]

この4月で杉並支部は5年目に入りました。
これもご指導いただいている師匠、先輩方、そして良き生徒さんの
おかげです。これからも東京の端っこで、楽しく八重山民謡を学んで
参りたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

そして今年は初めて本格的お花見を開催いたしました。
満開宣言後の先週に行う予定にしていましたが、あまりの寒さに
断念し、稽古後に神田川周辺の桜を楽しんだだけ。予定を1週間後に
変更して6日に開催しました。

いつも稽古をしている久我山からほど近い、超有名花見スポットの
脇にある広場です。桜は少ないけど場所取りは楽、ということで
こちらに決定。午後からぼちぼち集まり始めて、宴会スタート。
ありがたいことに、ここは三線OKなのです。
遠くからウクレレも聞こえてきます。
こういう場所で三線を弾くのは始めて、という人もいましたが、
気持ち良く楽しめたようでした。これはクセになりますね!

IMG-2619.JPG

IMG-2625.JPG

IMG-2629.JPG

IMG-2631.JPG

IMG-2636.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

大工先生 宮良長包賞授賞式 [ご報告]

私たちの師匠である大工哲弘先生が第16回 宮良長包音楽賞を受賞なさいました。
大工先生、本当におめでとうございます。

昨日10日に授賞式が行われ、大哲会那覇本部の方々が撮った写真が届きました。
関連記事と併せてご報告させていただきます。

受賞が決定した後の琉球新報の記事。
IMG-2352.JPG

受賞式の記事。
IMG-2350.JPG

IMG-2349.JPG

受賞の瞬間
IMG-2344.JPG

賞状
IMG-2347.JPG

授賞式での演奏
IMG-2351.JPG

集合写真
IMG-2348.JPG

大哲会各支部からのお花
IMG-2343.JPG


受賞式の様子は琉球新報でも報道されています。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-846892.html
nice!(0)  コメント(0) 

杉並区総合文化祭 [ご報告]

遅いご報告となりました。

去った11月3日に開かれた第68回杉並区総合文化祭に、杉並支部として
2回目の参加をさせていただきました。

今年は多摩支部長と東京支部の2名にも応援参加をしていただき、
目出度節と与那国ぬ猫小(踊り付き)を演奏いたしました。

あいにく舞台の写真がありませんが、練習風景と終わって一息ついている
写真です。

IMG-2192.JPG

IMG-2193.JPG

IMG-2225.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

関東支部合同発表会と琉球フェスティバル [ご報告]

9月22日、この日は旧暦の8月13日、八重山では月が一番きれいな日と
言われています。こんな素晴らしい日に、東京浅草で関東支部の合同発表会が
開かれました。

実行委員会は未経験者ばかりだし、準備期間も短いし、なかなか合同で
練習する時間も取れないし、など、当日までどうなることか不安でしたが
どうにか開催にこぎつけました。
そして、最後にビッグなサプライズ、大工先生と苗子さん、そして伊藤会長が登場、
たっぷり演奏していただくことができました。
お客様にも満足していただけたようです。
先生方には感謝するばかりです。

撮って出しの写真です。

開演直前の緊張の中。

IMG-2147.JPG

幕開け

IMG-2143.JPG

独唱

IMG-2149.JPG

ゆんたの中で踊り

IMG-2146.JPG


そしてビッグサプライズ

IMG-2135.JPG

アドバイスいただいた先生方、踊りで協力いただいた八重山舞踊紀翔の会様、
本当にありがとうございました。

そして翌日は琉球フェスティバル@日比谷野音。
こちらは撮影禁止なので写真はありません。
秋晴れのこの日、ちょうど日が落ちて東京が暗くなっていく頃に
大工先生、苗子さん、伊藤会長の登場でした。
太鼓は大城先生、笛はなんとよなは徹先生でした。

なんと贅沢な気持ちの良い時間!


今月は大工先生が2回も東京にいらっしゃって、生の演奏を
聴くことができました。
八重山の風を体感できる事に感謝いたします。

nice!(0)  コメント(0) 

第17回 琉球民謡音楽協会コンクール [ご報告]

東京が史上初の6月梅雨明けをした6月29日、沖縄の南海上で台風7号が発生しました。
その29日に私は沖縄へ。
翌日から始まる琉球民謡音楽協会コンクールに参加するためです。
杉並支部からは今年は優秀賞に1名がチャレンジ。
抽選で引き当てた曲は「小浜節」でした。
前日に小浜島大岳の頂上で小浜節を唄い、良いイメージをしっかり
体に染み込ませてきた受験者のIさんでした。

本番の日はなんと台風が一番沖縄に接近する時間帯、という予報でしたが
実際はそれ程でもなく無事に会場に到着。今年の会場は八重瀬町でした。

審査開始の前にステージで唄わせていただき、緊張感とも仲良しに。
これが結構重要です。

IMG_1850.JPG

あの緊張する舞台でいつも通りに唄い切ったIさん。
合格いただきました。

IMG_1891.JPG

IMG_1892.JPG

大哲会は新人賞が全員合格という嬉しい結果でした。

コンクールは結果も大事ですがその過程がとても大切。
そして合格してからの心構えもとても大切です。
ここからまた次のステップに向けて頑張っていきたいですね。

結果発表が終わり、台風の避難警告でスマホが鳴る中
那覇へ戻り打ち上げへと突入したのでした。

コンクールに際しては、ご指導いただいた大工先生、そして仕切っていただいた
那覇本部の皆様に感謝いたします。

nice!(0)  コメント(0) 

団地のサロンで演奏してきました。 [ご報告]

5月12日土曜日、快晴。

親子で一緒に練習しているYさんのお母様(おばあさま)の住む巨大団地の
サロンで演奏するという貴重な機会をいただき、無事演奏してきました。

広大な敷地の中に佇む「さくらサロン」は居住している方々の憩いの場。
そこでは毎月、何かしらお稽古している人たちの「発表会」が開かれています。
昨日は私たちがお招きいただき、八重山民謡を中心に、みんなで一緒に歌える
沖縄の歌を演奏させていただきました。

お客様はみなさんとても暖かく、MCもちゃんと聞いてくれて、笑顔で答えてくれたり、
手拍子をしてくれたり、一緒に歌ってくれたり。

全10曲という、杉並支部にとっては最多の演目。
歌詞をチラ見しながらの演奏でしたが、この日のための練習量は
かなりのものだったと思います。

今回男性メンバーの都合がつかなかった為、東関東支部と多摩支部から
応援に来ていただきました。お二人のおかげで、「ゆんた」も楽しく
歌うことができました。

ボランティア演奏のお話もいくつかあります。
今回の経験を活かして、もっと上の完成度を目指したいですね。

IMG_1712.JPG

IMG_1714.JPG

IMG_1715.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

またまたご報告 [ご報告]

引き続き新支部設立のご案内です。

東京支部で長年一緒に練習してきたIさんがこの度多摩支部を
立ち上げました。

素敵なブログも出来ていますので是非ご覧ください。

https://www.daitetsukai-tama.com
nice!(0)  コメント(0) 

みずほ会と八重山まつり [ご報告]

八重山の方々とのご縁がつないでくれました。

15日と22日の日曜日、2週に渡り、大哲会の関東各支部有志で八重山の催しで
演奏させていただくという貴重な体験を致しました。

15日は大工先生の出身校である八重山農林高校の卒業生の「みずほ会」総会、
そして22日は東京八重山郷友連合会の「八重山まつり」。

ほとんどが県外出身である私達にとって、八重山の方々の前で演奏するというのは
とてもとてもおこがましく、緊張することです。
アポロシアターでゴスペルを歌う、位の意味があることです。
緊張のせいで顔がこわばっていたかもしれませんが、また来年もお願いしますね、
という言葉をかけていただき、こわばった顔が緩みました。

まずはみずほ会。

IMG_1672.JPG

IMG_1681.JPG

IMG_1680.JPG

座開きの「鷲ぬ鳥節」の地謡、目出度節、繁盛節〜とぅまた松節、八重山育ち、その他。

そして八重山まつり。

IMG_1686.JPG

IMG_1706.PNG

IMG_1707.PNG

IMG_1692.JPG

親廻り節〜いやり、うるずぃんぬ前ぬ渡ジラバ〜月出ぬはなむぬ

大工先生をはじめ、ご縁をつないでくださった方々、暖かい言葉をかけて
くださった方々に感謝です。







nice!(0)  コメント(0)