So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

国立劇場公演、大成功でした! [ご報告]

先日からお知らせしておりました公演
八重山うた大哲会設立記念公演 〈陽春ぬ宴〉響ましょうら やいまうた ~大工哲弘・苗子うた会~
は無事終了いたしました。

たくさんの方にご来場いただきましてありがとうございました。

少々長くなりますがご報告させていただきます。

まずは前日の17日、国立劇場の大稽古室にてリハーサルです。
全国から集まった弟子140名、全員で合わせるのはこれが初めて。
そして舞踊の方々との合わせも初めての人が多かったのではないでしょうか。
大工先生、伊藤会長、そして舞踊の先生のご指導をいただき、少しずつ
テンポも定まってきました。しかしこれが翌日の本番で再現できるのか、という不安は
残ります。
ゆんた、合唱、独唱と一通り通して夕方には終了。明日に備えます。

IMG_1513 2.JPG
Photo by M. Itabashi


18日、公演本番。国立劇場おきなわ周辺は晴天です。

IMG_1514.JPG
Photo by ゆうこりん


IMG_1519.JPG

気分も盛り上がります。

IMG_1485.JPG

杉並支部からも、東京支部と合同でお花を贈りました。

午前中はリハーサルです。昨日の注意点をちゃんと心に留めて。

IMG_1515.JPG

衣装に着替えて本番間近。最終確認をする伊藤会長。

IMG_1492.JPG

幕開けの赤馬節直前。

IMG_1518.JPG

本番は撮影禁止ですが、今回撮影をお願いした桑村さんから許可を頂きましたので
大工先生の写真とフィナーレの写真を公開します。

IMG_1521.JPG

IMG_1522.JPG

終わって解放された笑顔の杉並支部の4名です。

IMG_1517.JPG

昼夜2公演でしたので疲れるかと思ったら、逆にテンションマックスで
打ち上げ!我如古より子さんの広いお店で22時から25時、実際は30分オーバーで
盛り上がりました。

最後に公演の成功と古希のお祝いを大工先生に、そしてずっと先生を支え続けていらっしゃった
苗子さんに記念品が贈呈され、これからも八重山民謡を愛していく決意を新たにしたのでした。
nice!(0)  コメント(0) 

4月の稽古日程 [稽古日程]

4月の稽古日程です。

4月7日(土) 大工先生特別稽古
         詳細は別途お知らせいたします。
4月14日(土) 13:00〜18:00 久我山会館 和室
4月21日(土) 13:00〜18:00 久我山会館 第3集会室
4月28日(土) 13:00〜18:00 浜田山会館 第3集会室

nice!(1)  コメント(0) 

春節のかりゆしライブ [ご報告]

昨日は恒例の「春節のかりゆしライブ」@晴れ豆でした。
大工先生と高田漣さんのジョイントライブで、今年4回目になるそうです。

4回という時を重ねて、2人だけにしか表現できない世界が
固まった感があります。
東京出張中の大阪中央支部長Yさんは、こういう世界観は初めてと
おっしゃっていました。「晴れ豆」ならではですね。

IMG_1425.JPG

IMG_1424.JPG

八重山民謡、高田渡さんの曲はもちろん、詩では山之口貘さんや
吉野弘さんの作品を選曲していらっしゃいました。
今回は本当に詩の力を感じとれるライブでした。


先生からの朗報が2つ。

・蓮さんのアルバム「ナイトライダーズ・ブルース」がレコード大賞優秀アルバム賞を
 受賞。
   蓮さん、おめでとうございます。この曲、めっちゃ格好良かったです。
・山之口貘さんの名前が広辞苑に掲載。
   これは知りませんでした。少々遅いような気もしますね。

「生活の柄」「コーヒー・ブルース」は欠かすことができません。
ちなみに「イノダコーヒー」はこんな所です。

IMG_1405.JPG

IMG_1410.JPG

IMG_1407.JPG

IMG_1408.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

3月の稽古日程 [稽古日程]

遅くなりました。
3月の稽古日程です。

3月3日(土) 13:00〜18:00 久我山会館 和室
3月10日(土) 12:15〜15:45 久我山会館 第3集会室
3月24日(土) 13:00〜18:00 久我山会館 第3集会室
3月31日(土) 13:00〜18:00 久我山会館 第3集会室

3月17日は翌日の

八重山うた大晢会設立記念公演   <陽春ぬ宴> 響ましょうら やいまうた       〜大工哲弘・苗子うた会〜


のためにお稽古はありません。

コンサートの詳細はこちらをご覧ください。



nice!(0)  コメント(0) 

大工先生 東京ライブのお知らせ [お知らせ]

あけましておめでとうございます。

昨日は初興。全員集合でお祝いの曲を中心に練習しました。
今年も杉並支部は粛々と活動を続けてまりたいと思います。
よろしくお願いいたします。

そして、恒例の「春節のかりゆし」ライブのお知らせです。

あの高田漣さんとのコラボも何回目でしょうか。
晴れ豆独特の雰囲気が楽しめるはずです。

日時 2月8日(木)
   開場 18:30 開演 19:30 ・ 前 3,500 当 3,800
場所 晴れたら空に豆まいて(代官山)
チャージ 前売 3,500円  当日 3,800円

詳しくはこちらへ↓
http://mameromantic.com/?p=56090
nice!(0)  コメント(0) 

〈陽春ぬ宴〉響ましょうら やいまうた ~大工哲弘・苗子うた会~ [お知らせ]

大哲会設立記念公演のお知らせです。

チラシ表.jpg

「八重山うた 大哲会」は2014年に設立されました。
(杉並支部はその1年後に発足しました)
この度、大工先生の芸歴五十周年と大哲会の設立を記念し、
この公演を開催する運びとなりました。

弟子一同も参加させていただきます。

どうぞ皆様お運びくださいませ。
このサイトのお問い合わせフォームから連絡いただくことも可能です。

よろしくお願い申し上げます。


八重山うた大哲会設立記念公演 〈陽春ぬ宴〉響ましょうら やいまうた ~大工哲弘・苗子うた会~

日時/平成30年3月18日(日) ※2回公演
[昼公演]入場14:30 開演15:00
[夜公演]入場18:00 開演18:30
会場/国立劇場おきなわ 大劇場
(沖縄県浦添市勢理客4-14-1)

出演/大工 哲弘(歌・三線)
大工 苗子(箏曲・踊り・囃子)
本盛 美奈子 秀風会・八重山民俗舞踊研究所(舞踊)
嘉手苅 聡(キーボード奏者)
琉球筝曲興陽会 神谷宏美研究所(箏曲)
島袋 千恵美(司会)
コーニーズ(吉川 忠尋・屋嘉部 充・西表 高康)
伊藤 幸太・八重山うた大哲会全国会員一同 ほか

入場料/前売 3,500円(当日4,000円)
デパートリウボウ、コープあぷれ(あっぷるタウン)など
国立劇場おきなわ劇場チケットカウンター TEL.098-871-3350
(窓口:10時~18時 電話:10時~17時30分)

お問合せ先/八重山うた大哲会事務局 TEL.090-7587-8358(杉田)
大工哲弘HP http://www.daiku-tetsuhiro.com
nice!(0)  コメント(0) 

2月の稽古日程 [稽古日程]

2月の稽古日程です。

2月3日(土) 13:00〜18:00 久我山会館 第3集会室
2月10日(土) 13:00〜18:00 久我山会館 和室
2月17日(土) 13:00〜18:00 久我山会館 第3集会室
2月24日(土) 13:00〜18:00 久我山会館 第3集会室

よろしくお願いします。
nice!(0)  コメント(0) 

忘年会でした! [雑感]

昨日9日は稽古終了後に忘年会を開きました。
場所は各駅停車で3駅の所にある八重山料理の居酒屋さん。
ご家族の方も含め11名での会となりました。

まずは乾杯。

IMG_1102.JPG

先日の教師免許試験に合格したFさんにお祝いの目録が若〜い女性からから渡されました。

IMG_1104.JPG

仲良しになったばかりの小学生2名は何故かカウンターがお好みのようです。

IMG_1108.JPG

ジャンルを問わず音楽好きが集まるこのお店では演奏もOK。
八重山民謡を聴いてみたいというリクエストがあり
何曲か披露させていただきました。

IMG_1109.JPG

写真の左の方に注目してください。
相変わらずカウンターの隅に座り、三線を引き続ける8歳女子には
他のお客様も感心していました。

IMG_1110.JPG

今年はコンクール合格や教師免許合格、デンサ節大会特別賞などのおめでたいこと、
そして赤城祭りや杉並総合文化祭への出演など楽しいこともありました。
来週からは仲間が1人増え、ますます楽しみですね!


nice!(1)  コメント(0) 

1月の稽古日程 [稽古日程]

1月の稽古日程です。

1月6日(土) 13:00〜18:00 久我山会館 第3集会室
1月13日(土) 13:00〜18:00 久我山会館 第3集会室
1月27日(土) 13:00〜18:00 久我山会館 第3集会室

20日は大哲会総会のため稽古はありません。

よろしくお願いします。
nice!(0)  コメント(0) 

11月6日朝日新聞 [お知らせ]

先月の木馬亭ライブの記事が、11月6日の朝日新聞夕刊に掲載されました。

改めて、八重山民謡の持つ深い意味や、「ジンタ」に込めた主張など
考えさせられます。

IMG_1005.jpg


nice!(0)  コメント(0)